信頼を得ることが重要

詳しいメニューを作ろう

メニュー表を作る時

飲食店なら、お客さんに見せるためのメニュー表が絶対に必要です。
作る際は、写真を使ってください。
料理の写真があれば、名前を聞いたことがない料理でもお客さんが好みに合うか判断できます。
名前だけを書いているメニュー表では、イメージが食い違うトラブルが起こります。
それでもお客さんからクレームを言われたら、飲食店側が悪いと捉えられるので気をつけてください。

料理の写真を掲載するだけなので、面倒なことではありません。
お客さんにきちんと料理の情報が伝わるように、メニュー表を作ってください。
おいしそうな料理の写真を見せることで、食欲を刺激できます。
たくさん料理を注文してくれるかもしれないので、売り上げに繋がります。

使っている素材の説明

どんな素材を使っているのかも、メニューに記載するのがおすすめです。
するとお客さんは、味の想像もできます。
トウガラシなど辛味食材を使っているなら、辛いということを表記しましょう。
知らずに辛いものが苦手な人や、子供が注文してしまうと食べられないので困ります。
またお客さんの中には、アレルギーを持っている人も見られます。

アレルギー反応を起こす可能性を持っている食材を使っているなら、忘れずに記入してください。
それなら、アレルギーを持つ人でも安心して食事ができます。
どんな人でも、安心できる飲食店を目指してください。
それが噂になって広まると、お客さんがどんどん増加します。
良い噂を広げることを心がけましょう。


▲ TOPへ戻る