一日葬でも想いは届く|新しい時代の葬儀方法

お葬式

時間的な余裕がない時は

お葬式

一日で全部済ませてしまう

昔は就職や結婚などで実家を出た後も、実家からそう遠くない場所で暮らす人が多かったのですが、今は全く状況が変わっています。親族が日本全国に散らばっているケースが決して珍しくなくなっているため、親族が集まる機会をなかなか持つことができません。お盆や正月に親族郎党が集まって互いの健康を喜び合っていた時代は、遠い過去のものになりました。親族が一堂に会する機会がとても少なくなりましたが、葬儀の時だけは話が別です。人の死はとても厳粛なものですから、無理を押してでも駆けつけるのが当たり前です。とはいえ、仕事などの都合で何日も滞在していることはできないという人が少なくありません。そのため、近年では、やるべき事を全て一日で済ませてしまう一日葬が営まれるケースが増えています。

一日葬の特徴

一般的な葬儀の場合、一日目の夜に通夜を営み、二日目の午前中に告別式を執り行った上で、日のあるうちに遺体を火葬場に運び込みます。火葬後、遺骨を持ち帰って僧侶にもう一度お経をあげてもらったところで、全ての葬儀日程が完了します。一方、一日葬の場合は通夜を行いません。告別式と火葬だけで葬儀を済ませることができるので、遺族にそれほど大きな負担がかかりません。また、最小限の滞在時間でとんぼ返りすることができるため、時間的な余裕があまりない弔問客に喜ばれています。通夜を行わないといってもそれは公式の話ですから、身内だけでひっそりと通夜を行う分には何の問題もありません。通夜ぶるまいの用意や弔問客の対応に気を遣う必要がなくなるため、故人と過ごす最後の夜を思い出深いものにすることができます。

事前に確認すること

作業員

宝塚市周辺で遺品整理を業者に依頼するという場合には、トラブルを防止するためにも親族間でしっかりと意思疎通をはかるようにしましょう。また、業者にも様々なタイプがありますので、希望に合わせて業者を選ぶようにしましょう。

Read More..

自分らしい葬式にしたい

数珠

自分の葬式を自分でプロデュースしたいと考える人が増えてきました。亡くなった後は何もすることができませんが、生きているうちに葬儀社と相談し、自分で自分の葬儀を決めておくという方法をとることができます。後に残される遺族の負担を軽くすることができるというメリットもあるため、生前契約を結ぶ人が増えています。

Read More..

故人を供養すること

高齢者

仏壇でお参りをすることは、故人の死を受け入れたり、自分を見つめ直すためにも大切です。しかし、最近はマンション住まいや部屋が狭いなどの事情から、仏壇を置かない世帯もあります。そこで狭い部屋でも置けるパーソナル仏壇が出ています。

Read More..